両方を摂取して相乗効果

女性

グルコサミンが関節痛に効くと言われている理由は、軟骨を作る成分の1つだからです。年齢を重ねても、健康的に過ごすためには、グルコサミンが欠かせないのです。歩く、立つ、座るなどの日常生活の基本動作をスムーズに行なうためには、軟骨が必要不可欠です。関節痛に悩んでいる人は、改善のためにグルコサミンを摂り、悩んでいない人も、予防として摂ると良いです。グルコサミンは、軟骨を作る原料になるだけではなく、軟骨に水分を与えるコンドロイチン、ヒアルロンの原料にもなっています。コンドロイチンも、軟骨に多く含まれている成分の1つ、グルコサミンと同じように関節のクッショの役目を果たしています。また、栄養を吸収したり、新陳代謝を促進させたりする効果もあるので、美容効果も期待できます。

グルコサミンとコンドロイチンは、同じく軟骨に作用してくれる成分なので、両方を摂取することで相乗効果を期待することができます。同じ効果があるのですが、グルコサミンの場合は軟骨細胞を活性化させて、コンドロイチンは軟骨細胞に弾力や水分を耐える効果があります。軟骨に作用することは同じなのですが、それぞれの効果で相互的に影響し合うため、どちらか片方を摂取するよりも高い効果が期待できます。今まで以上に丈夫な軟骨を作り上げるなら、この2つの成分を不足させないようにした方が良いです。食事でグルコサミンやコンドロイチンを摂取することは可能ですが、それを継続するのは簡単ではありません。そこで有効活用したいのが、サプリメントです。サプリメントなら、カロリーも気にする必要はありませんし、継続しやすいです。