軟骨を保護する役割

女性

年配の方で、ひざやひじ、腰などの関節の痛みを感じたことあるという人はとても多いです。これは、年齢を重ねると共に起こる関節の変形が原因となっています。また、軟骨も少なくなってしまうので関節に痛みを感じてしまうのです。そこで注目されているのが、グルコサミンなのです。グルコサミンのサプリメントなどはテレビCMでも紹介されていることが多いので、名前は聞いたことがある人もいますが、これは関節痛を改善するのに非常に効果的な成分なのです。このグルコサミンは、カニの甲羅、エビの殻などに含まれているもので、人間の体にも存在しています。しかし、年齢と共に生成される数は少なくなっていくのです。このグルコサミンは、関節に重要な軟骨成分ですので、減少してしまうと関痛や、炎症などを引き起こしてしまうのです。

関節痛を一度引き起こしてしまうと、それからずっと続いてしまい、慢性化するのがほとんどです。関節痛が起こるのは、軟骨が弱まっているためです。軟骨はクッションの役割を果たしていて、骨同士の衝撃を弱めています。しかし、グルコサミンが減少して、軟骨が少なくなってしまうとクッションが無くなってしまうので、痛みが生じるのです。人によっては、関節の動きで骨が削れるということもあります。それを改善するのが、グルコサミンの役割なのです。グルコサミンを摂ることで、軟骨を保護することができたり、痛みを軽減したりすることができます。関節以外にも、健康効果や美容効果などもあるので、摂って損は無いのです。